企業は営業戦略や販売促進の立案に向けて、事前にマーケットを詳しく調べ上げ、数値化されたデータをベースにマーケットの特徴や実態を的確に掌握、判断すると共にデータに裏付けされた予測のもと戦略戦術を考案します。このマーケットを数値データで調べ上げ、能率的にアプローチするための取組みが市場調査となります。マーケットに存在するヒト、モノ、コト、サービス等をあらゆる角度から調査しその結果、商圏の規模やポテンシャル、特長が明確になりマーケットが要望するニーズ並びに期待できる需要が見込めマーケットにアジャストできます。もし、市場調査を実施せず、またはその手法を間違えて実施した場合、提供するモノやコト、サービスはマーケットと乖離し、非生産的な取組みが続き、需要を生みだすことは不可能となります。

新規出店にむけた市場調査の具体的取組み事例

新規出店における市場調査の取組み内容をひも解き、その重要性を確認してみました。まず出店エリアの商圏分析です。一つ目は性別、年代別の人口の把握と持家率や自家用車保有率を含む居住状況分析し、そこからエリアの規模やどのような人が暮らしているのか予測します。二つ目に競合状況調査となります。競合店の立地、店数や来店客数及び売上規模を探り凌駕すべく戦略考案に繋げます。最後は商圏に存在する銀行や郵便局、病院、行政機関、駐車場、コンビニ等の生活密着装置を確認し流動人数を検証分析します。次に、市場の中心顧客のライフスタイル分析となります。年齢やトレンド志向及び趣味嗜好、また平日と休日の過ごし方等の仮説を立てて検証し、アプローチする対象顧客のライフスタイル戦略策定に結びつけます。このように市場調査はこの他、販売促進やサービス戦略にも関連する重要な活動となります。

市場調査を手軽に簡単に学習するサイト

インターネットで市場調査と検索入力すると、膨大な数の市場調査に関連した情報が得られます。その中で、市場調査を実施する際に、その進め方や手法について学習できるサイトがありますので概要について簡潔に説明します。基本的な進め方は、まず調査を通して実施すべき取組みを整理するため、基本計画書の作成が推奨されています。作成のポイントは、調査課題及びテーマとモノやヒト等調査対象や調査の種類、手法の決定です。そして調査結果から仮説立てと検証、また活用する調査情報の確定となり、調査を行う部門やセクションを明確にします。調査の中で最も大切なのは、調査スケジュール計画と管理です。役割と実施内容を具体的にプランニングすることにより、調査の正確性が高まります。最後に、調査費用の予算化となり、市場調査の一連の取組みがわかりやすく理解され実行力の向上に結びきます。

大阪、京都などの関西圏の調査ならご連絡ください。 サービス、流通、IT業界などの調査も承っております。 各種の産業分野で広い知見と高い専門性を有しています。 市場性調査を行い、市場規模の推移、メーカーシェア、価格動向、将来見込み、市場参入障壁などを明らかにします。 国内・海外市場におけるBtoB領域の豊富な調査実績があります。 市場調査の会社が気になる方はこちらで情報をチェック!