マーケティング手法のひとつにあたる市場調査は、経済活動をしようとするときに行われます。市場調査が必要とされる場面には、新しく事業を始めるとき、商品を販売するとき、サービスを展開するときなどがあります。具体的には、どんな商品を作るべきか、どのような改善をすべきかといったことを決めるようなときです。結論を出すために必要なデータを集めることが市場調査です。市場調査からわかることは、大きく分けて3つあります。それは、対象への消費者の事実、意識、反応です。市場調査の意義は、これらの結論から実際の商品やサービスへの反映方法を具体化することにあります。以上から市場調査はその最終的な利用目的と、目的達成のために必要な情報がどういったものかがあって初めて実施できるということがわかります。

市場調査が活用されるまでの流れ

市場調査をするにあたり、肝心なことはまず情報の利用目的を明確にすることです。利用目的というのは、何をどうするために行う調査なのかです。市場調査を目的のために利用するには、何を調べるべきか、どこに焦点を絞って調べるのか、どんな人を対象にするかといったことも調査開始前の段階で決めておきましょう。そして、調査方法、調査に使うサンプル数、予算を考慮して計画を立てます。計画を実行中に不足があれば調査内容の修正を行います。調査結果は集計してその傾向から今後の動向について予測を立てるといった使い方をします。活用しようとする際に気をつけないといけないことがあります。調査結果に不備がある、たとえば不利な内容を排除してしまったり、目的のために特に使われないデータがあったりした場合、他の必要なデータを読み間違えることにつながります。調査を利用する側は目的の共有が欠かせません。

市場調査に使われるツールや方法

市場調査には数値で示す場合と、それ以外の意見や言動で示すものがあります。前者は主にアンケートを用います。広範囲の対象に関して、設問ごとの回答傾向から動向をつかむ目的で利用されます。アンケートの実施で使われるツールとしては紙面での配布、インターネット、後者はインタビューが主な方法です。アンケートに比較して、調査可能な範囲は狭くなるものの質問内容を対象ごとに変えられます。サービスや商品を実際にその場で利用させてヒアリングを実施するといった使われ方もします。他にも既存の市場調査結果を利用する場合があります。公的機関によって公表される統計から市場調査を実施する地域を絞ったり、調査対象の年齢層などを決定したりします。飲食業のチェーン店などでは、覆面調査も実施されることがあります。主に第三者が利用者として店舗ごとの実態を調査する形態を取ります。