市場調査は企業がマーケティング活動として行う情報収集活動全般のことです。消費者のニーズや既存の商品への評価、販路・流通の調査など、その種類は様々です。どのような調査を行うかは目的により異なり、適切な手法を取らなければ有効なデータは得られません。誤った方法を取ると途中で予算が尽きてしまったり、必要なサンプル数に達しなかったりと、デメリットばかりを抱え込むことになりかねません。ここでは市場調査について正しく理解するため、大きく二つに分けてその内容を紹介します。二つとは「定量調査」と「定性調査」です。定量調査は人数や割合など数値で表せる情報の調査であり、定性調査は商品に対する消費者の感想や印象、反応など、数値化出来ない情報の調査を言います。それぞれどんな場合に向いていて、どんな手法で調査を行うのでしょうか。次項から詳しく解説して行きます。

何人?何割?賛成or反対?数を調べる定量調査

市場調査で取り入れられる定量調査は数を把握するための調査です。手法としては選択式アンケートが最も広く使われています。「はい・いいえ」などの二者択一のものや、「好き・普通・嫌い」などいくつかの段階に分けて評価するものなどがそれに当たります。この回答を集計し、どの回答が多いか、それぞれの回答がどの程度の割合を占めているかを数量的に分析します。この手法はある程度問題がはっきりしている場合にはうってつけです。例えば複数の案の中から最も良いと思うものを選んでもらうといったケースです。ネットリサーチとの相性が良い調査手法でもあります。比較的多くのサンプル数が必要になるため、分析には統計の知識が必要となります。統計の解釈を誤るとせっかくの調査を無駄にしてしまいます。代行業者も多く存在しますので、専門家に任せるのも良いでしょう。

「なぜ?」「どうして?」理由を問う定性調査

同様に市場調査で行われる定性調査は「なぜ」「どのように」を調べる調査です。新商品開発のためのアイディアを得たい場合や、商品の改善点について聞き取りたい場合に向いています。そもそもどんな商品が求められているのか、どのような不満を抱いているかなど、漠然とした疑問に形を与えてくれる調査とも言えるでしょう。手法としてはインタビューや観察調査が主な方法になります。企業側では思いも寄らなかったリアルな消費現場での声を取り入れられれば、その後のマーケティングにおける突破口となり得ます。定性調査によって明らかになった点を定量調査で統計的に分析すれば、より強力なデータとなります。売れ行きの思わしくない商品があるとして、定性調査によってその原因が価格だと明らかになった場合に、定量調査で適正価格を問うといったケースです。調査手法を組み合わせることで具体的な情報が得られるのです。