自分の考えた商品やサービスを販売したい、新しく事業を始めたい。そんなときにまず初めに行わなければならない作業が市場調査です。市場調査はその名の通り、これから売り出していく市場について下調べをすることを指します。モノを売るためにはまず自分に有利な状況が市場にあるのかどうすれば、有利になれるかを考えることが大事です。モノが売れるかどうかはその市場の需要にマッチしているかどうかが問題だからです。善かれと思って売り出した製品が実は全く必要とされないものなのかもしれないし、その逆か、これは実際に正しい調査を行わなければわかりません。ここでは、適切に市場調査を行うために押さえておかねばならない項目と注意すべき項目を紹介していきます。みなさんの新規事業の手助けに慣れると幸いです。

市場調査で押さえておく項目とは

市場調査において、まず何よりしなければならないことは、調査の目的を設定することです。ターゲットを設定し、お客様がどのようなものを望んでいるのか、今後どうなっていくのかを調査することや、そもそもどのターゲット層に人気がある物なのかを調べることも良いです。まず根本的な項目を挙げそこから調査を始めていきます。次に実際の調査に移るのですが、どの程度の母数に対して調査を行うか、調査機関等調査のスケジュールを決め、予算や時間を管理しながら調査を行います。調査方法は聞き取りなのかアンケートなのかにもよりますが、近年だとSNSによる調査が最も効率的といえるでしょう。調査が終われば、あとは結果の整理です。やっただけで満足してはいけません。好意的な意見をカウントするだけではなく。否定的な意見をリストアップし、どうすれば、否定的な層を味方につけられるかを考え、実際の販売開始後の対策を打ちます。

市場調査を行う上で注意すべきこと

市場調査においては次のようなことに注意してください。少しでも誤ると結果がまるで意味のない物になってしまいます。そのひとつは調査対象の集団が平均的で無作為に抽出された十分な母数を持っているかどうかです。これがしっかり出来ていないと調査結果に偏りが出てしまい、一般の意見とはかけ離れた考察をしてしまう可能性があります。次に、調査結果を過信し過ぎないことです。調査結果が客観的な意見の集まりである以上、その結果を評価する側もまた客観的な目線を持つ必要があります。自分の商品に自信があればあるほど、結果をポジティブに捉えがちですが、そう考えてしまう内はそもそも市場調査を行う意味がありません。客観的な目線をもって課題や長所を適切に評価するよう努めましょう。以上に、注意すると市場調査の価値がぐっと上がります。これから市場調査をお考えの方のご参考になれば幸いです。