市場調査とは、企業が行うマーケティング活動のことで、価格やニーズ、広告や販路の調査を行うことを指します。1つの目的に対し、どのような取り組みを行えば良いのかを明確にするために行われます。メリットは大変多くあります。第三者の声が聞けることが最大のメリットです。今提供している商品やサービスがどのように評価されているのかという生の声を聞くことができるので、改善点が明確になります。他には最新の流行を追うことができるという点です。現在どのようなものにユーザーの関心が集まっているのか、次にブレイクしそうな商品やサービスは何か等を知ることができます。独りよがりの商品を販売しても、爆発的に売れるということはないので、どの商品やサービスを展開すればよいのかということがわかるのもメリットに挙げられます。

市場調査で使われる手法にはどのようなものがあるか

市場調査と一口に行っても、様々な方法が挙げられます。いくつか代表的な手法を紹介します。1つめはアンケート調査です。こちらの効きたい項目をダイレクトに質問事項として、不特定多数の意見を集めるという手法です。費用が比較的安価に抑えられるという特徴があります。2つ目はインターネットを使用して行う調査です。スマートフォンの普及により、自宅に戻ってPCで回答という手間が省かれた分、気軽にユーザーが参加してくれるというメリットがあります。しかし匿名性が高いため、信用度の高い結果かというと難しいです。このほかにも電話での調査、1対1の対面調査、グループでの対面調査等があります。目的によって選択したり、組み合わせて使用したりすることがあります。費用対効果を考えて行うことが大切です。

市場調査で気をつけなければいけない落とし穴

市場調査を行う企業はたくさんあります。その時に自社で行うケースと、どちらかの企業に依頼して行う代行のケースとあります。こういった企業がよく実施する市場調査はWEBを使用してのアンケートです。現在ではこのアンケートをメインとしたポイント型のサイトがあり、アンケートに答えるとポイントがたまるシステムになっています。このWEB型アンケートは広域・時間・年齢・性別を問わず、非常に多くの人たちから回答を得られるというメリットがあります。ただし、気を付けなければいけない落とし穴があります。それは相手の顔が見えないことです。成りすましやポイント欲しさのユーザーや、数をこなすだけで適当に回答している人もいます。そういった人を選別することが難しく、実際の声として受け止めるべきものなのかの判断がつかないところがネックになります。